第164回「京都フォーラム」

DEC. 03, 2016

「豊かで明るい“ものづくりの未来”を考えよう~自ら明るい未来を構想できなければ明るい未来はやってこない。夢はみるものではなく叶えるもの~」

阿部 惇氏  立命館大学総合研究機構 主席研究員/ニチコン株式会社 取締役

ビジネスモデルまでを含めた広義のものづくりの概念、エコシステムとしての事業づくり・産業づくりという概念の解説をとおし、「豊かで明るい未来社会を目指して、人のため社会のために貢献する新たな価値創造を行うには」という問題提起と考えるヒントを提供していただきました。経済・経営を取り巻く時代認識、実行力のあるリーダーに必要な資質から、①ものづくりの変革、②MOT、③新事業創出を効果的に実践するための考え方、④競争から共創へ(オープンイノベーションと共存共栄)、⑤コトづくりの核心を考える、⑥できますか〜売れますか〜儲かりますかの一連の流れを見据える、⑦10年後に生き残る企業・組織・地域についてMOT的視点からの考察、⑧技術とは/技術者が果たすべき役割、という流れで、阿部理事長が企業・大学での長年の実践を踏まえて作成された資料となっています。問題意識を持つほど、響くものがあるはずです。

過去のフォーラム